旅の哲学

旅行をすることで価値観が変わる、と言われているが、自分にはそういうことがあてはまらないと思っている。 バルセロナに行っても、クアラルンプールに行っても、石垣島に行っても価値観が変わること自体はなかった。 では、ただ単純に観光を楽しむことが目…

教養としての伝統信仰 - イザイホー

沖縄・久高島で600年続いた12年ごとの伝統儀式イザイホー。 この儀式にかねてから強い関心を持っています。 名前といい、由来といい、その様といい、すべてがこれ以上にないくらい神秘的で怖さすら覚えます。 琉球王国時代において、最高の聖域と位置づけら…

仕事の優先順位の付け方

仕事が溢れて何から手をつけたらいいかわからない.. そんなことが誰にでもあると思います。 私も残業バッチこい!のIT業界に身を置いてきたのでタスクは山盛り、突発トラブルなんて当たり前、常に何かに追われている感覚がありました。 優先順位の付け方の本…

真夏に食べると気分爽快のXI'ANの麻辣刀削麺

この季節になるとこれが食べたくなる!ってものありませんか? 私は暑い季節になると無性に食べたくなるものがあります。 それは、西安料理店XI'AN(シーアンと読みます)の麻辣刀削麺! まず、皆さんは刀削麺をご存知でしょうか。 沸騰した鍋の中に、生地を…

漫画を読む

社会人のみなさんは休日をどのように過ごしているのでしょうか。 社会人になってから休日は、仕事したり、勉強したり、将来について考えたりすることに費やしてきました。 最近はなんとなくそれが「もったいない」ことだと思うようになりました。常に先の準…

営業をシンプルに

SPIN・ADS・チャレンジャーセールスモデルなど、「営業活動」においては様々なフレームワークやモデルが存在しますが、どれも言っていることは同じだと感じています。 要はここを抑えれば売れるんだよねってことをできるだけシンプルに説明したいと思い、こ…

自分の年収(生産性)を考える

日本人とドイツ人の生産性の違いを揶揄するツイートが話題になっていましたね。 日本人残業時間を競うのが大好き自殺者年間2万人GDP世界3位ドイツ有給休暇30日間を完全に消化することが当たり前日曜日と祝日の労働は禁止1日10時間を超える労働は法律で禁止…

『7つの習慣』要約

今日はセルフマネジメントのド定番理論、スティーブン・R・コヴィー氏の『7つの習慣』を要約してまとめてみました。 完訳 7つの習慣 人格主義の回復 作者: スティーブン・R・コヴィー 出版社/メーカー: キングベアー出版 発売日: 2014/05/23 メディア: Kind…

「障害者」の定義

相模原市の障害者施設殺傷事件から一年が経ちました。被害に遭われた方々のご親族やご友人の言葉がニュースに並びますが、いたたまれない気持ちになります。 衝撃的な事件からの一年は、世間の「障害者」に対する関心が高まった一年でもあったと言えます。 …

ADS 営業戦略

ADS とはAccount Development Strategiesの略語で、一種の営業戦略モデルです。多くの大手企業が営業研修に取り入れており、モノの利点を強調する販売ではなく、顧客にニーズを認知させて購買の意思形成を行っていく戦略的アプローチです。本日はその概要を…

ビジネスに教養が必要になる – 企業における文化人類学の活用 –

文化人類学という学問をご存知でしょうか。 ある組織や集団に入り込みフィールドワークを通じて、その組織や集団の価値観・仕組み・ルールなどを体系的に研究する学問です。 もともと文化人類学は、欧米人が「未開」の民族を観察し記述するところから始まり…

毎日は自己充足的であり、手段的であるべき

わたしたちは毎日、充実した人生に近づきたいと思っています。 わたしたちは毎日、充足した一日を送りたいと思っています。 この両方が満たされている状態を「幸福」と定義します。 この状態において、わたしたちの目的はふたつです。 人生で達成したい目的 …

『任せ方の教科書』出口治明著

社会人生活3年目から、部下(部下的なものも含め)を持つようになりました。 当初は、 事務処理減る!営業戦略とか考えられる! と思っていましたが、実際やってみると、 全然思ったように動いてくれない!事務処理もほとんど減らない!プレーイングマネージ…

ダウン症の特徴

2013年に始まった新型出生前診断のデータが蓄積されてきており、診断で「陽性」だった方々の多くが中絶を選択した、という事実が議論になっています。 ダウン症などの染色体異常の疑いがある「陽性」が確定した605人のうち、自らの意思で中絶を選択したのは5…

マネジメント概論

マネジメントについてとてもシンプルな考え方を学ぶ機会があったので、備忘録としてまとめます。 マネージャーのとは、以下の3要素が揃った人物と言える。 強い目的意識を持っていることその目的意識をチームに浸透できることチームを統率し目的を達成できる…

『謙虚なコンサルティング―クライアントにとって「本当の支援」とは何か』エドガー・H・シャイン著

エドガー・H・シャイン著『謙虚なコンサルティング―クライアントにとって「本当の支援」とは何か』において、タイトルの通りの「謙虚なコンサルティング」という新しい概念が提起されています。 謙虚なコンサルティング――クライアントにとって「本当の支援…

営業手法:SPIN

今日は「営業」について記事を書いてみたいと思います。 私は社会人になってからこれまでの8年間ずっと「売ること」に携わってきています。 日用品の販売から始まり、システムのパッケージライセンス、コンサルティングサービス、広告媒体など様々なものを「…

New Balance 574 sport レビュー

昨日、7月15日発売のニューバランスのニューモデル574sportを購入しました。 www.fashionsnap.com ニューバランスのアイコンモデルとも言える574シリーズの新作です。 スタイリッシュでより現代的にアジャストされた本モデルは発売前から期待していて、早速…

多動力

堀江貴文著『多動力』を読みました。 一時間で読める、ホリエモンの楽しさ追及合理主義とも言える人生観がまとめられた本です。 多動力 (NewsPicks Book) | 堀江 貴文 |本 | 通販 | Amazon 一つのことに深く取り組むことが他者にないノウハウとなること 深く…

田舎で生きるか

あなたはどこで生きていきますか? どこにでも住めるようになった現代において、この問いに答えることはときに困難です。 国内/国外、高原/海辺、住宅街/商店街、持ち家/マンションなど様々な選択ができる一方、「住む」ためには賃貸契約または購入、ローン…

接点の数を限定する

日々ほとんどの人が感じているストレス。 毎週何かしらしんどいことありますよね。 そのほとんどは何らかのプレッシャーによるものです。 社会人であれば、顧客から、家族から、友人から、自分から様々な期待を受けて生活しています。その期待はいつしかプレ…

将来の働き方を志向する

自身のキャリアを考えるとき、将来どんな働き方をするのかを想像しておくことはとても大事なことだと思います。 なぜなら、インターネットが登場してから産業構造が変化するスピードは急速化しており、今後もそのスピードは増していくことはほぼ確実だからで…

人に任せることの本質

人に任せることの本質は、 ・信頼 ・期待 ・決断力 の三点に集約される。 任せる人を信頼し、期待を込めて、スピーディーに決断する。 この三点を押さえることだけを意識し続けることが重要です。 そうすれば、業務に追い回されることなく、もっと高いレイヤ…

ハーバード流 キャリアチェンジ術

ハーバード流 キャリア・チェンジ術 作者: ハーミニア・イバーラ,宮田貴子,金井壽宏 出版社/メーカー: 翔泳社 発売日: 2003/05/17 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 20回 この商品を含むブログ (16件) を見る 私は20代を小売⇨営業⇨コンサルと渡り歩いて…

セブンプレミアム メープルシロップくるみ 35g

◼︎ケース セブンイレブンの近くで、自然派食材にこだわる方の小腹が空いている ◼︎結果 小腹が満たされる ほんのりとした甘みとくるみの香ばしさを味わう スナック菓子よりは罪悪感がない ◼︎コスト 税込 192円

自由度と幸福度の関係

自由の限定が幸福度を上げる 以前の記事で、「やらないことを決める」ことを実行に移すことが必要という話を書きました。この観点で幸福論について探してみたところ、心理学者によるTEDでの興味深いプレゼンを見つけましたので共有します。 logmi.jp このプ…

「幸せ」の研究

何が「幸せ」の要因となるか 幸福感を感じながら日々を過ごしていくには、「幸せ」の要因について理解する必要があると感じていたので、早速巷の論理を漁ってみている。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授の前野 隆司 (まえの た…

幸福感を得るために、課題を解決する

やらないことを決める 僕は将来の不安に対処し続ける人生を送ってきて、今この瞬間の幸福を感じることができていないという問題を抱えている。前稿では、この問題の本質を分析したので、今回は解決の方向付けを行ってみたい。まずはやらないことを決める。 …

幸福を感じるために

長年の悩み 僕は割と心配症な方で、この先の人生に意識が集中しすぎて、今の幸せを感じられないことが度々あるように思う。 仕事が失敗に向かわないだろうか、今のスキルで20年後も食べていけるのだろうか、貯蓄のペースは今のままで大丈夫だろうか、と考…

『くちぶえカタログ』松浦弥太郎

3000円の靴下を7足買えば5年は持つ。それを贅沢とは思わない。そんな生活。

『教養としての言語学』鈴木孝夫

『光の帝国 常野物語』恩田陸

不思議な力を持つ常野一族。それぞれが密かにそれぞれの役割を果たしていく。彼らが僕らを支えている。

『愛と幻想のファシズム』村上龍

トウジ、狩猟社による新時代のファシズム。1990年にグローバル化の波と、右極化の流れを描いた村上龍は天才。

『異端者たちのセンターサークループロサッカー選手を育てるということ』海江田哲朗

「ここで育った選手には勝者のプライド、勝利を渇望するメンタリティがある。」

『永遠の0』百田尚樹

祖父の人生に近づく

『沖縄学への道』外間守善

奥ゆかしき島嶼の世界

『GO』金城一紀

「ノ・ソイ・コレアーノ、ニ・ソイ・ハポネス、ジョ・ソイ・デサライガード」

『調理場という戦場』斉須政雄

「ただ、あちこちに自分の身体をぶつけてタンコブを作りながら考えてきたことしか、言わないつもりです。」知識の習得とは、このことぞ。

『不連続の世界』恩田陸

お前が殺した。お前が、奥さんは死んだことにした。讃岐に向かう夜行列車で、四人で怪談を交わす。

『常野物語 蒲公英草紙』恩田陸

常野一族の物語ふたたび

『メガロマニア』恩田陸

ここにはもう誰もいない。みんなどこかへ行ってしまったー。

『苦海浄土 わが水俣病』石牟礼道子

素人にして最高のフィールドワーカーによる傑作

『君たちはどう生きるか』吉野源三郎

叔父さんはコペル君に人生の何たるかを語る。

『ぼくは愛を証明しようと思う』藤沢数希

モテ=ヒットレシオ×試行回数

『限りなく透明に近いブルー』村上龍

自分にはまだ早いまだ読みきれない

『ほぼ日の就職論 はたらきたい』ほぼ日刊イトイ新聞

「たとえば、あの、就職したあとって、カレー屋に入って、迷わずカツカレー食えるわけですよ。」「あ、カツを乗っけられるのね(笑)」「そう。我慢しなくていいんですよ。いちばん高いメニューでも、食べたければスパーンって頼める。あれ、ほんっとに幸せ…

『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦

⚫︎先輩さらば、外堀を埋める日々ー。人事を尽くして天命をまて。⚫︎黒髪の乙女その姿を見た途端、私はふいに、お腹の底が温かくなる気がしました。まるで空気のように軽い小さな猫をお腹に載せて、草原に寝転んでるような気持ちです。こうして出逢ったのも、…

『夜のピクニック』恩田陸

ただ歩くことが何でこんなに特別なんだろう。何かが終わる。みんな終わる。何かの終わりは、いつだって何かの始まりなのだ。

『考え方のコツ』松浦弥太郎

消費・投資・浪費の時間を区別し、いま何をする時間かを意識する。一日二回「思考の時間」を確保し、集中して考える。

『阪急電車』有川浩

電車内で人生が交錯