社会は「障害」を受け入れることができるか。

もし、障害者の家族になったとき、障害者の友人になったとき、わたしたちは「障害」を適切に捉えて前向きに理解することができるだろうか。 現代の日本社会では、障害という問題は非常に一般的なものであり、誰もが当事者として向き合うことになり得る、とい…

わたしの腹の底にあるもの

仲間とゴールに到達する。 それは果たして楽しくやりがいのあることだろうか? この答えは、 ①どんな仲間か ②どんなゴールか によって異なる、と考えている。 この2つの条件がある状態で揃ったとき、ゾクゾクするようなやる気と、ワクワクする楽しみが湧い…

サイボウズ『働き方改革、楽しくないのはなぜだろう。』を読破して

サイボウズは20周年記念コンテンツとして『働き方改革、楽しくないのはなぜだろう。』の特設サイトをオープンしました。 内山勇士作のメッセージアニメ『アリキリ』をメインコンテンツに、「働き方」をテーマとして様々なコンテンツが掲載されています。 cyb…

スポーツ観戦は『スラムダンク』を読むように

スポーツ観戦初心者に訴えたいことがあるのでここに記しておく。 スポーツ観戦を「おもしろくない」と言う人がいるけれど、それはほとんどが観戦の仕方を過った結果だと思っている。 みんな、サッカーなり野球なり、そのスポーツ自体に期待しているのが間違…

週3回の夜90分が人生を分ける

週3回の夜90分が人生を分ける。 今日はこの提案について論考してみたい。 これは、英国の小説家、劇作家であったイーノック・アーノルド・ベネット (Enoch Arnold Bennett、1867年5月27日 – 1931年5月27日) が著書『自分の時間』において提案したものだ。 自…

松本山雅FCとの黒歴史を振り返る(東京ヴェルディ視点)

松本山雅FCとの黒歴史 東京ヴェルディはもう9年間も辛く厳しいJ2リーグを戦っています。 それでもわたしは志を持って応援し続けています。 tomarunao.hatenablog.com そんなJ2歴の中で最も辛い科目が「松本山雅FC」です。これまで9戦でたったの一勝。 もう見…

東京事変『群青日和』の歌詞を国語の教科書に載せねば

東京事変が『群青日和』でデビューしたのが2004年9月8日。 それから13年が経過したことがTwitter上で話題になっていました。 13年前の 2004年9月8日 東京事変が「群青日和」でデビュー pic.twitter.com/eRcQEnfN0H— ロック名言 (@69_meigen) 2017年9月7日 13…

消費ではない新しいハレが必要になる ー ハレとケとは

生活していく中で何ら変わらない日々に辟易してしまうことがあります。 平穏な生活を送っていても、鬱屈とした気持ちが溜まっていく。 これは一体どういう感情なんだろうということをよく考えていました。 この疑問に対して、納得のいく捉え方を示してくれた…

聖地・銀座

銀座という街が好きです。 理由は強烈にかっこいいから。 コリドー街で背伸びする女子大生とそれを狙う商社マン・広告マン。 バブルを生き延びたおじさんに連れてってもらう一見さんお断りの料亭。品のあるおかみさん。 堂々たる老舗の百貨店。着物で通う老…

時間の浪費と投資

「この時間には何の意義があるか」ということをしっかり考えるようにしています。 言い換えると、「この時間で何がどれくらい前進する(後退する)のか」ということをしっかり考えています。 その上で、"何も変わらない" "後退する"場合はその時間を極力縮めよ…

サラリーマンの参拝

今日は新橋から芝大門まで散歩しました。 もう日も暮れた19時ごろです。 芝大門には昔からよく行く機会があり、立ち寄るたびに増上寺境内を散歩したり、飲み屋街を散策したりしています。 今日は昭和電工本社の裏あたりをうろうろしていると立派なお宮に出く…

つらいときに読む本 3選

誰にでもつらいときがあります。 そうであるにも関わらず、そのときをどうやり過ごすかはなかなか共有されないものです。わたしはいつも読書で乗り切るので、どこかの誰かの役に立てればいいなと思い、「つらいときに読む本」としておすすめしたい3選をご紹…

モリエモンの本はもう読まない

わたし(@maru_maru_ir)は堀江孝文さん(通称ホリエモン)の本が好きです。 人を前進させる力があること ホリエモンの本には一貫して、この特徴があることが理由です。 これまで十数冊を読んできました。 その度に 「今を生きよう」 「好きなことをやろう」 …

『アグリゲーター 知られざる職種 5年後に主役になる働き方』書評

かつて提唱されたicompany。自身を企業に見立てて社内外のリソースと機会を効果的に活用することで市場価値を高めようとするセルフマネジメントの考え方だ。 この本で提起されるのは、個々人が能動的に取り組むセルフマネジメントだけではなく、企業側が個々…

『ヒロのちつじょ』ー 「障害」に寄り添う

個人的な経験から「障害」という概念にとても興味があり、以前こんな記事を書きました。 tomarunao.hatenablog.com 「障害者自身やその家族は、どうやって暮らしていけるのが幸せなのだろう」 というのがわたしの興味です。 障害者は、誤解を恐れずにいえば…

人生における守り方のポイント

守備範囲をどう決めますか。 サッカーをしていた頃、この問題はわたしのメインテーマでした。 自分が影響を与えられる範囲と仲間に任せる範囲、諦めない範囲と諦める範囲を決断して、どのバランスで守るのが最も安全なのか。 いま就職して結婚して考えること…

「ヤラネバ」対処法まとめ

「ヤラネバ」 「ヤラネバ」をご存知でしょうか。 脳内を住み処とするこの生物は、「ヤラネバならぬ」と囁くことを生業としています。 脳内にインプットされたものすべてに対して「ヤラネバならぬ」と囁くのです。 複数の「ヤラネバならぬ」が蓄積されていく…

ブログの楽しさ

7月に本格的にブログを書き始めて一ヶ月ちょっと。 1日のPV数は通常0〜10程度でMAX60くらいでした。 誰かにウケるウケないってことも気にしながら書いてきたのですが、「そんなことどうでもいいわ」と思い立ち、自分が一番好きなことを書いてみました。 toma…

Jリーグクラブ『東京ヴェルディ』を応援する理由

なぜヴェルディなのか。 私はJリーグのクラブ東京ヴェルディのファンです。昔はラモス瑠偉や三浦知良などのスター選手を擁するヴェルディ川崎として全国的な知名度がありましたが、今は一般的な会話で名称が通じるのか迷うレベルで、2部リーグで燻る中小ク…

人生の意味を感じる2つの方法

人生に意味はあるのか。人生に意味はないのか。 このもっとも哲学的と言える問いについて考えてみました。 「人生 意味」をGoogle先生に問うてみると 「人生に意味はない」という傾向の回答が多いですね・・・ matome.naver.jp anond.hatelabo.jp いろんな意…

金曜日のこの時間、どう過ごすべきか。

土日がお休みのみなさん、一週間お疲れ様です。 金曜日のこの時間。 もっとも気が休まり、もっとも気が緩むこの至福の一時。 わたしたちはどのように過ごすべきでしょうか。 結論から申します。 寝ましょう。 いち早く寝ましょう。 今週の天気と気温(東京)…

旅に出るときはこの一冊。

海外旅行をする際に最も大切にしていることは、事前に渡航先の歴史・文化・経済について予習しておくことだ。 そんなことは当たり前で、誰でも予習すると思う。でも、普通はガイドブックレベルだよね。わたしはもっと深く予習しておく。 それは、例えば以下…

遊んでいれば暮らしになる

「遊んでいれば暮らしになる」 以前、スペインへ向かう飛行機内で隣だった老女にもらったアドバイスだ。仕事が辛くなるたび、将来のキャリアを考えるたびに、この言葉を思い出す。 あれはどういう意味だったのだろう。 ああでもない、こうでもないと思考を巡…

不都合な真実のなかで前を見据える

私たちの世界観は現実の社会で見たものと、メディアを通じて見たもので構成されていますが、それらは真実からほど遠いものです。 この事実は、とても実現できないだろうと思っていた夢が実現するという希望を孕みますが、逆もまた然りです。 昨日、書評を書…

『隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働』書評

貴族以外に選挙権が与えられ、奴隷制度が廃止され、女性の社会参加が当たり前になった。世界経済は250倍に膨らみ、一人あたりの所得は1850年の10倍になり、一日25ドル未満で暮らす人々の割合はこの40年弱で世界人口の44%から10%未満になった。そして、世界…

ヨーロッパから見た日本の過剰サービス

ヨーロッパでの顧客とサプライヤーとの関係 いま、東欧を周遊しており、できるだけ他の国の文化や考え方、暮らし方などを学びたいと思いながら過ごしています。 なかなか現地の方々とお話する機会を作るのは難しいのですが、店舗で接客を受ける際がチャンス…

旅の哲学

旅行をすることで価値観が変わる、と言われているが、自分にはそういうことがあてはまらないと思っている。 バルセロナに行っても、クアラルンプールに行っても、石垣島に行っても価値観が変わること自体はなかった。 では、ただ単純に観光を楽しむことが目…

教養としての伝統信仰 - イザイホー

沖縄・久高島で600年続いた12年ごとの伝統儀式イザイホー。 この儀式にかねてから強い関心を持っています。 名前といい、由来といい、その様といい、すべてがこれ以上にないくらい神秘的で怖さすら覚えます。 琉球王国時代において、最高の聖域と位置づけら…

仕事の優先順位の付け方

仕事が溢れて何から手をつけたらいいかわからない.. そんなことが誰にでもあると思います。 私も残業バッチこい!のIT業界に身を置いてきたのでタスクは山盛り、突発トラブルなんて当たり前、常に何かに追われている感覚がありました。 優先順位の付け方の本…

XI'ANの麻辣刀削麺

この季節になるとこれが食べたくなる!ってものありませんか? 私は暑い季節になると無性に食べたくなるものがあります。 それは、西安料理店XI'AN(シーアンと読みます)の麻辣刀削麺! まず、皆さんは刀削麺をご存知でしょうか。 沸騰した鍋の中に、生地を…