『考え方のコツ』松浦弥太郎

消費・投資・浪費の時間を区別し、いま何をする時間かを意識する。一日二回「思考の時間」を確保し、集中して考える。
f:id:tomarunao:20150926103827j:image