『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦

⚫︎先輩
さらば、外堀を埋める日々ー。
人事を尽くして天命をまて。

⚫︎黒髪の乙女
その姿を見た途端、私はふいに、お腹の底が温かくなる気がしました。まるで空気のように軽い小さな猫をお腹に載せて、草原に寝転んでるような気持ちです。
こうして出逢ったのも、何かのご縁。

f:id:tomarunao:20150926112305j:image