将来の働き方を志向する

自身のキャリアを考えるとき、将来どんな働き方をするのかを想像しておくことはとても大事なことだと思います。

 

なぜなら、インターネットが登場してから産業構造が変化するスピードは急速化しており、今後もそのスピードは増していくことはほぼ確実だからです。産業構造にあわせて働き方が変わってきたことから、今後の産業構造に求められる働き方を志向することが長く充実した仕事をしていくための戦略となります。

 

将来予測は様々な機関や研究者がすでに提示してくれています。すべてその通りにはなりませんが、専門家が予測した世界は一定実現してきたと言えますので想像する上でとても参考になるでしょう。

 

特集:コラム 2020年〜 未来の働き方予測 | アデコ株式会社 -Vistas Adecco-

2025年までに、働き方は4つに分かれる | HBR.ORG翻訳マネジメント記事|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

10年後、働き方や大企業はどう変わるか [リンダ・グラットン] | ISSUES | WORKSIGHT

 

上記の記事や書籍を読むだけでも、今後いかに働き方が変わりうるかを理解できます。求められるのは、サービスと人をつないで価値の相乗効果を生み出せる力ですね。

 

これを意識して日々できることを積み重ねていきたいですね。