人生の意味を感じる2つの方法

人生に意味はあるのか。人生に意味はないのか。

このもっとも哲学的と言える問いについて考えてみました。

 

f:id:tomarunao:20170826175655j:plain

 

「人生 意味」をGoogle先生に問うてみると

「人生に意味はない」という傾向の回答が多いですね・・・

 

matome.naver.jp

anond.hatelabo.jp

 

いろんな意見があるようですが、私はこう考えます。

 

まず、人生に(もともと)意味はない。

よって、自分で意味をつけるしかない。

人間には自己意識があるから意味をつけないと辛い。

 

人生に意味があるかどうか考えるのは人間だけです。

それは人間だけに自己意識があるから。

他の生物は自己意識がないのでただただ生命を繋いでいくだけです。

カゲロウの寿命は24時間。

一昨日鳴いていたカゲロウはもうこの世に一匹も存在しません。

それらのカゲロウの生きる意味に個別に違いがあるでしょうか。

ただ種が残っていくという点においてしか意味はありません。

 

人間も同じです。人間という種が残っていく点以外、特に意味はないと思います。

でも、私たちには自己意識があり、ものすごく長い時間があります。

それぞれの生き方次第で、個別に意味があるようにもないようにも思えます。

自分の人生に意味がないと思うと、不幸な気持ちで生きていかなければなりません。

 

では、どうすれば自分の人生に意味を感じ、充実した気持ちで生きていけるのでしょうか。私はシンプルに2つの方法を考えました。

 

① 創造する

何でもいいから作る。作り続ける。
文章でも絵でもビジネスでもブログでも、何でも良いので生み出し続ける。
何かを創造することからは大なり小なり意味を感じることができます。

 

「前より上手くできた」「納得いく出来だ」(自己評価の獲得)
「褒められた」「役に立った」(他者評価の獲得)

といった感情が得られます。

 

そしてより良いもの、より社会に役に立つものを目指していく。
そうすることでその意味をだんだん大きくしていくことができます。

 

何でもいい。
目玉焼きでも、一言日記でも。

   

まず作って、作り続ける。
人間は創造しないと生きる意味を失くします。

 

② 統合する

自分の人生に意味があったと思える前提として、自分に対するイメージを確立し、そこに自分を統合することが必要です。

   

いわゆるアイデンティティと呼ばれるものです。
アイデンティティがないとあるべき自分像を持てません。
よって、あるべき人生像も持てないのです。
自分はこういう存在である、という具体的イメージが必要です。

 

簡単なのは組織に所属することです。
どんな組織でも構いませんが、愛着を持てる組織にしてください。
家族でも宗教でも会社でもインターネット上のコミュニティでも構いません。
自分の価値観の源泉となる組織が必要です。
組織の思想や組織における役割に基づくアイデンティティを形成できます。

 

もし気に入らなければより愛着を持てる組織に移籍しても構いません。
まずは二人以上の組織に所属すること。
一人で居ては生きる意味を失くします。

 

この2つだけを考え続けることで人生の意味づけができると信じています。

 

できるだけ愛着のある組織に所属して、あるべき対自イメージ(アイデンティティ)を持ち、創造し続けることによってそれを実現する。

 

とにかくベースとしてこの考えを軸にしていけば、自分の人生に意味づけをして充実した毎日を送れるのではないでしょうか。